牟岐五剣山バーティカルレースのご案内


2月14日(日)に開催予定の「牟岐五剣山バーティカルレース2021(第1回)」のことについて、いろいろと御案内します。 「千羽海崖トレイルランニングレース」の翌々日、秋に開催予定の「四国中央スカイラン」の打ち合わせに行ってました。 その際に、昨年の大会の時に「四国中央テレビ」さんが取材撮影をしてくれていて、その番組を録画したDVDをお借りました。戻って見てみると、レース前の気持ちをインタビューをしているところで、そのインタビューを受けていた人全員が「トレイルランに参加するのは初めてなので…」と答えていました。 やっていることは同じように見えますが、トレイルランニングとスカイランニングは別のスポーツだということをまずは覚えていただきたいと思います。 そして今回のイベントのタイトルになっている「バーティカル」というのは、山の麓から山頂までの登山競争の種目名です(別の種目も多数あります)。 今回のコースは、3.5㎞の距離で600mの標高差があるコースで、日本スカイランニング協会が定める「ショートバーティカル」という分野で公認大会となっています。 ここのコースはスタートしてからの約1㎞は、ほとんど高度をあげませんので、標高のわりにとても勾配がきついコースです。 ですが、日本スカイランニング協会に公認の申請をした際、松本代表からは「初心者に最適のコースですね」との御意見でしたので、ぜひスカイランニング初心者の方もご参加いただき、今年の公認大会はこの大会からスタートになりますが、今年はこのスポーツの魅力をぜひお楽しみいただければと思います。

話しは変わりますが、スカイランニングは町のシンボル的な山で行うことが多いスポーツです。 知らない地域に行って面白い山を探す際、「校歌に出てくるような山はないか?」と尋ねて魅力的な山を探っていくことが多いのですが、この五剣山も牟岐小学校と牟岐中学校の校歌に出てきます。

牟岐町立 牟岐小学校 校歌


太平洋のせいをうけ

五剣山気をつねすいて

このまなびやにのび育つ

われらの胸にほこりあり


守るまことのひとみちに

自治協同のはたじるし

心をきたえ身をばねる

われらの胸に光あり



牟岐町立 牟岐中学校 校歌


友よ聞け牟岐の浜辺に

悠久の潮の息吹

仰ぎ見る五剱の峰は

弥高き理想を語る

いざ我等共に手をとり

永遠の真理求めん

五剣山はそのように地域で愛されている山ですので、今回もたくさんの地元の方がいろいろな形でご協力くださいます。 また、今日はマーキングに行っていましたが、登山者、このレースの練習に来ている人、地元の部活の学生など、たくさんの人がこの山で楽しんでいました。 レースが終わるまでは目印になるマーキング(黄色のテープ)もありますので、ぜひ足を運んでみてください!

Recent Posts:
人力企画 ☎050-5470-2917 

​アウトドアスポーツのツアー・スクール・イベントの企画運営・サポート、メディア取材のコーディネイト・サポート。アウトドア用品の販売

〒779-2104徳島県海部郡美波町東由岐字大池170-5(office/shop) 
© JINRIKI planning